ドローンで離島へ商品お屆け 夜間のニーズ対応 ANAとセブン実験

有料記事

座小田英史
[PR]

 ANAホールディングス(HD)とセブン―イレブン?ジャパンは、夜間にドローンを使って福岡市の離島?能古島に商品を運ぶサービスの実証実験を行った。ドローンを用いた日沒後の配送の実証は國內で初という。夕方以降の買い物需要に応えるねらいで、2025年度のサービス実現をめざす。

 実験は10月下旬に5日間行った。日中から日沒後にかけ、ANAのロゴの入ったドローンが福岡市西區橫浜のセブン―イレブンから、約5キロ離れた能古島にパンや総菜などを詰めた箱を運んだ。利用者が島內の5カ所から荷物の受取場所を選ぶ仕組みで、飛行時間はいずれも約20分。

 能古島での実証実験は2回目…

この記事は有料記事です。殘り187文字有料會員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。