(社説)ミャンマー 未來なき孤立と決別を

[PR]

 國際的な孤立を選んだ國に未來はない。安定や発展を望むのであれば、まずは地域の聲に耳を傾けるべきだ。

 東南アジア諸國連合ASEAN)の首脳會議が今月、カンボジアで開かれた。3年ぶりの対面開催だったが、加盟國であるミャンマーの姿はなかった。

 昨年2月に國軍がクーデターで実権を握って以來、民主政治の復活を求める市民への弾圧が今も続く。ASEANとは「暴力停止」など5項目で合意したが、実現していない。不信を強めるASEANが國軍トップを招かなかったのは當然だ。

 首脳會議では、國軍に5項目を履行させるため、日程を明確にした検証可能な計畫を策定することが決まった。今後、外相會議で內容を詰める。

 「終わりなき悪夢」(國連事務総長)。ミャンマー市民がおかれている狀況は、まさにこの言葉に盡きる。國軍の暴力による死者は2400人、逮捕者は1萬6千人を超した。北部の少數民族地域では先月、コンサート會場が空爆され、約60人が犠牲になった。ASEANは國連などとも連攜し、國軍への圧力を一層強める必要がある。

 一方、國軍は「內政干渉によってASEANの団結を臺無しにしている」と、首脳會議の決定に反発した。思い違いもはなはだしい。団結にあらがっているのは國軍のほうだ。

 創設から半世紀以上たったASEANは、いまや経済共同體として成長し、域內の貿易自由化や高速道路網による統合を進めている。経済発展で取り殘されたミャンマーは、いかなる將來像を結ぶつもりなのか。

 アジア開発銀行によると、昨年は成長率がマイナス5?9%に落ち込んだ。今年もASEAN內で最低の見通しだ。政変後の國內避難民は110萬人に達し、少なくとも310萬人が人道支援を受けた。この慘狀をみれば、もはや國軍に統治の資格も能力もないのは明らかだ。

?。粒樱牛粒巫h長國は來年、インドネシアに引き継がれる。ジョコ大統領は國軍に「深く失望している」と述べ、厳しい態度で臨む姿勢だ。

?。玻的昵?、ASEANが歐米の批判に抗して軍政のミャンマーを迎え入れた背景には、當時のスハルト?インドネシア大統領の意向があった。ミャンマーは軍が母體のスハルト體制をひとつのモデルとしていた。

 そのスハルト獨裁は20世紀末に崩壊し、その後のインドネシアは民主化の進展とともに著実な経済成長をとげてきた。その歩みをふまえ、國軍に民主化の意義を説く力がジョコ大統領にはあるはずだ。行き詰まりの打開に指導力を求めたい。

連載社説

この連載の一覧を見る